読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【オススメ食材!!】気候がむしむししてきたら食べたい4つの食べ物

 コンディショニングサロンSpAid店長の田村です。

 

昨日は夕方から夜にかけて細かい雨が降りましたね。

 

気温も上がってくるとどんどん蒸し暑さを感じるようになってきます。

 

 蒸し暑い日が続いてくると心配になるのが夏バテですよね?

 

f:id:SpAidmiyahara:20170518110719j:plain

 

夏バテはカラダがだるくなるし、食欲もなくなって最悪。

 

と皆さん思うところです。

 

 実はこの夏バテ、東洋医学では消化器の疲れから起きるものとされているんです。

 

消化器の中でも食道や胃、膵臓、十二指腸は湿気に弱く湿度が高くなるほど疲れやすい内臓になります。

 

疲れ始めてからだと、回復させるのは大変です。

 

ですので、梅雨入り前の今のうちから対策をしておく必要があるんです。

 

その一つはカラダの前側をしっかりと伸ばしておくこと。

 

前回の記事で、その方法について簡単に説明していますので参考にしてみてください。

spaidmiyahara.hatenablog.com

 

もう一つの方法は食事です。

 

 食事で胃や膵臓にエネルギーを補給しておき体力をつけておくことで、湿気に強いカラダにしておくことができ、それによって夏バテを予防することも可能なんです。

 

では、胃や膵臓にエネルギーを与えてくれる食材は何があるのでしょうか?

 

 今回は4つご紹介させていただきますね。

 

①お米

f:id:SpAidmiyahara:20170518111458j:plain

 

お米はカラダの三大栄養素である炭水化物はもちろん、それ以外にもビタミンや食物繊維もあり、実は消化に優しい食べ物なんです。

 

膵臓にもエネルギーを与えると言われていますので、主食にはお米をしっかりと摂りたいですね。

 

②山芋

f:id:SpAidmiyahara:20170518111901j:plain

 

山芋は膵臓にエネルギーを与えてくれる代表的な食べ物になります。

 

効能は強く、漢方薬の材料にもなるんです。

とろろ等にして食べるといいかもしれませんね。

 

③かぼちゃ

 

f:id:SpAidmiyahara:20170518131311j:plain

 

かぼちゃは胃や膵臓の働きを助け、カラダの中にある余分な水分を排出するのを助けてくれる効果があります。

 

また、カラダを温めてくれる効果もありますので、隠れ冷え性の方には特にオススメしますよ!

 

④小松菜

 

f:id:SpAidmiyahara:20170518131809j:plain

 

小松菜はスムージーの材料としても知られていますが、食べると膵臓や十二指腸の働きを助け、消化吸収を促してくれる働きを持っています。

 

また、便通を促してくれる効果も期待できますよ!

 

いかがでしょうか?

 

これから本格的な梅雨を迎えてきます。

 

じめじめの気候になる前から、しっかりと食事で夏バテ予防をしていきましょう。

 

食事はしっかりと消化吸収できるカラダがあると効果がしっかりと出てきてくれますが、カラダに歪みがあると消化吸収の働きが落ちてしまいます。

 

当店でカラダの歪みをチェックして、消化吸収をしっかりできる状態にしていきませんか?

 

カラダの歪みや消化吸収の働きが落ちていないか気になる方、施術のお問い合わせ・無料相談はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンディショニングサロンSpAid ホームページ

 

sp-aid.com

 

住所

〒331-0821 埼玉県さいたま市北区別所町124-16 サン佐野101

 

電話番号

048-778-7735

 

営業時間

10:00 〜 20:00(定休日 : 火曜日・水曜日)[完全予約制]

 

交通アクセス

JR 高崎線宮原駅から東武バス(宮03)別所団地循環「しらかば通り」下車 徒歩 4 分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー